千頭森林鉄道 栃沢 – 千頭森林鉄道 : definition of 千頭森林鉄道 and synonyms of 千頭森林鉄道

概要

栃沢までの千頭森林鉄道軌道跡の散策がようやく終了。 見過ごしてしまっていたのかもしれないが、栃沢は案外何も無くて拍子抜けだった。 逆に栃沢から柴沢方面に続く鉄道未敷のはずの道が軌道跡の路盤と変わらずしっかりした感じだったので、「栃沢

真っ暗な中を抜けると栃沢小屋である。小屋は荒れ放題で、ヤマメ釣りやシカ猟などの連中が使っているようだった。 この軌道は戦中から昭和21年度まで大根沢、栃沢間を森林鉄道で、栃沢、柴沢間を牛馬道で運材を実行していた。

クリックして Bing でレビューする0:19

Apr 30, 2019 · 【山さ行がねが】千頭森林鉄道(栃沢~釜ノ島)での独白

著者: 平沼義之
クリックして Bing でレビューする0:16

Jun 21, 2018 · 【山さ行がねが】千頭森林鉄道(栃沢~釜ノ島)の桜吹雪 【山さ行がねが】千頭森林鉄道 大根沢支線より本線分岐地点へ – Duration: 1:47.

著者: 平沼義之

千頭森林鉄道 千頭森林鉄道の概要 Jump to navigationJump to search 千頭森林鉄道で使用されていた車両(寸又峡温泉で保存されている車両)沢間停車場では大井川鉄道(現 大井川鐵道)井川線沢間駅と接

戦時中に柴沢まで森林鉄道が通じていたことは、複数の資料にも記述のある事実だが、栃沢から先でどこを通っていたかについては、明らかになっていなかった。 分かっていたのは、栃沢から柴沢まで8355mの距離があったということだけだ。

なお、路線図と『全国森林鉄道』ともに、千頭森林鉄道の終点を栃沢としており、全長36.0kmと記していることも共通している。 したがって、これから探索する区間は、確実にレールが敷かれていたことが探索時点で明らかだった“最奥”ということになる。

クリックして Bing でレビューする0:22

Jun 21, 2018 · 【山さ行がねが】千頭森林鉄道(栃沢~釜ノ島)で隧道発見! 迷/名列車 廃線編 #37 場違いに規模がデカい津軽森林鉄道~線路開拓の暴走

著者: 平沼義之

本稿では。いよいよ皆さんお待ちかね、千頭(せんず)森林鉄道の奥地探索の模様をレポートしよう。 本線延長36km、支線や作業線を含めれば50kmを超える千頭林鉄のうち、平成22(2010)年4月18日~21日にかけて集中的に行った探索では、本線は起点の沢間駅から大樽沢まで、大間川支線は起点の

2013年に1月と12月の2回に分けて千頭森林鉄道の軌道跡を寸又橋付近から山側の終点地・栃沢まで辿ってみた。今回の記録は1月に散策した前半部分・寸又橋付近の天地水測地から小根沢営林施設跡までの

その後、昭和44年(43年か?)の廃止以来、既に半世紀近い年月が経つ千頭森林鉄道。現在の千頭駅からは23キロ程の奥地に存在するが、この先に最盛期には20キロ以上離れた柴沢へ達していた事を考えるとココが中間地点なのだ。

設楽森林鉄道(したらしんりんてつどう)は、かつて愛知県 北設楽郡 設楽町の豊川上流一帯に路線を持っていた2つの森林鉄道の通称で、森林鉄道段戸山線が正式名称。 帝室林野管理局(現:名古屋営林局新城営林署)が開設・運営していた。 豊川の上流、段戸山御料林の木材運搬を担っていた

千頭森林鉄道(せんずしんりんてつどう)とは、静岡県 榛原郡 川根本町の大井川水系寸又川一帯に路線を持っていた森林鉄道である。 東京営林局千頭営林署が運営していた。 沢間停車場では大井川鉄道(現 大井川鐵道)井川線 沢間駅と接続していた。 大井川鉄道井川線千頭駅 – 沢間駅は

[PDF]

がて昭和初期には、電力索道、 森林鉄道が建設され、増加する生活物資や農産物の輸送を 拒った。 今日、 これらの交通手段は、高齢者の思い出に語られるものである。その姿は、 千頭の高齢者の方々の中にはその記憶が色濃く残っているようであった。

ここから千頭森林鉄道軌道跡散策再開! と安易に考えていた。やはり廃道はそんなに簡単ではない。結局、軌道跡をたどっての栃沢までの通行は今回は出来なかった。

【山さ行がねが】新潟県道246号西飛山能生線 通行止め区間の走行 – Duration: 76 seconds.

逆河内線4k、大根沢への分岐0.4k、そして柴沢が終点となっていて43kと示してあるのが大変興味深い。どこから逆河内に入っていたのかと思っていたのだが、大樽沢出合まで上ってから右岸で戻って入っていたのだった。(千頭森林鉄道略図)

魚梁瀬森林鉄道(やなせしんりんてつどう)は、かつて高知県にあった森林鉄道である。 「日本三大美林」の一つといわれる魚梁瀬杉を運搬することを主目的として開業したが、陸上交通網が整備されつつあったことに加えて、魚梁瀬ダムの完成により軌道が水没したことから廃止となった。

(緑の線が森林鉄道跡地 ルートはおおよその位置です) 千頭~栃沢間の36km、寸又川沿いに建設され国有林の伐採材を輸送したそうです。 この大間駅跡には駅長が配されて材木運搬の最前線基地だったと。

黒河内森林鉄道(くろごうちしんりんてつどう)は、かつて長野県 伊那市 長谷地域(旧・上伊那郡 美和村→長谷村)で運行されていた、林野庁長野営林局伊那営林署(現・中部森林管理局南信森林管理署)の森林鉄道

5月の連休を待ちわびては柴沢に通った。 森林軌道が健在な頃で、千頭駅を出発点に軌道の上を歩きだす。 まだ寸又峡温泉が無かったころのことで、大間川沿いに湯治場があった。

身に染みて思い知ったのは安易な好奇心でチャレンジ出来るほど千頭森林鉄道は甘くないと言う現実。全身の筋肉痛により起き上がる事すら辛い状況で『敗退』の2文字をかみしめながらブログを書く羽目に

千頭森林鉄道(せんずしんりんてつどう)とは、静岡県 榛原郡 川根本町の大井川水系寸又川一帯に路線を持っていた森林鉄道である。 東京営林局千頭営林署が運営していた。 沢間停車場では大井川鉄道(現 大井川鐵道)井川線 沢間駅と接続していた。 大井川鉄道 井川線 千頭駅~沢間駅は

小坂森林鉄道(おさかしんりんてつどう)とは岐阜県 益田郡 小坂町(現下呂市)の小坂川とその支流沿いに路線を持っていた森林鉄道である。 名古屋営林局小坂営林署が運営していた。 小坂停車場では高山本線 飛騨小坂駅と接続する。 現在飛騨小坂駅の岐阜方に貯木場があるが、かつては

『東京から日帰りで全都道府県めぐりの第35回目は静岡県です。最も秘境度の高いと思われる大井川鐵道沿線へ行ってきました。沿線のメインとなる見所は散らばっており、しか』静岡県旅行についてworldhusiast (旧worker ant)さんの旅行記です。

5/5

沢間からは、寸又川沿いにダム建設用の軌道があり、ダム建設後は帝室林野局に譲渡され、千頭森林鉄道となりました。森林鉄道のほうは762mmのままで、その頃、千頭~沢間は1067と762mmのデュアルゲージだったということです。 千頭~井川25.5kmもダム建設が

大井川鉄道 井川線(57) 沢間~土本 1989(h1).7.16 寸又川の鉄橋を渡る列車です。 川原に下りて撮りました。 鉄橋を渡ると、まもなく土本です。 昔は、この川に沿って千頭森林鉄道が寸又峡温泉の遙か先まで走っていたということです。

Jun 03, 2018 · 【山さ行がねが】千頭森林鉄道 栃沢手前の大ガレ場 芦生の森・森林鉄道・NO2 – Duration: 22:22. JNR・C5741 40,380 views. 22:22.

沢間駅周辺は、大井川両岸に集落が点在し、少し開けている場所になってる。昭和43年(1968年)まで、寸又峡や寸又川上流に沿って走る軌間762mmの軽便鉄道・千頭森林鉄道が分岐し、ホーム横にその遺構が残っている。

千頭森林鉄道(せんずしんりんてつどう)とは、静岡県 榛原郡 川根本町の大井川水系寸又川一帯に路線を持っていた森林鉄道である。 東京営林局千頭営林署が運営していた。 沢間停車場では大井川鉄道(現 大井川鐵道)井川線 沢間駅と接続していた。 大井川鉄道 井川線 千頭駅~沢間駅は

※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象

寸又峡温泉に保存されている千頭森林鉄道(昭和43(1968)年4月に廃止)のdlを見て来ました。同地には本線(千頭駅~栃沢間 36km)の大間駅があったので、ゆかりの土地ということになります。

[PDF]

千頭寸又軌道 甲1935(昭和10) 2,600m 2,827m? 千頭堰堤~下西河内 千頭本谷軌道 乙1938(昭和13) 12,582m 下西河内~栃沢 延伸工事中、栃沢までの開業は1945年12 月。 千頭大間軌道 千頭森林鉄道大間線 甲1934(昭和9) 5,953m 千頭森林鉄道尾崎坂~大間川堰堤

(千頭森林鉄道の跡@沢間駅)千頭から井川線で2つめ、集落の最奥にひっそりと佇む沢間の駅。簡素なアスファルト敷きのホームがあるだけの、いかにも井川線らしい中間駅です。ちょっとホームから引っ込んだ位置に駅名標が立っていて、ホームと駅名標の間のスペースに若干の余裕がある

[mixi]交通史料館 いわゆる”知られざる”鉄道のページ 一般の鉄道、国土交通省が管轄するものの他に、森林鉄道や鉱山の鉄道などがあります。ここでは、そういった鉄道についての資料を載せていきますが、専用鉄道も混ざるかもしれません。 まぁ、珍しければOKという

設楽森林鉄道(したらしんりんてつどう)は、かつて愛知県 北設楽郡 設楽町の豊川上流一帯に路線を持っていた2つの森林鉄道の通称で、森林鉄道段戸山線が正式名称。 帝室林野管理局(現:名古屋営林局新城営林署)が開設・運営していた。 豊川の上流、段戸山御料林の木材運搬を担っていた

森林鉄道段戸山線の概要(少し修正) 森林鉄道の作業方法 当時の写真 新しい当時の写真 段戸山線田口 田口本谷線 田口椹尾線 新山線 山ノ神線 段戸山線田峰 田峰鰻沢線 田峰栃洞線

設楽森林鉄道 設楽森林鉄道の概要 豊川の上流、段戸山御料林の木材運搬を担っていた森林鉄道。田峯駅起点で御料林南側から搬出する「田峰鰻沢線(通称:田峯森林鉄道)」と、三河田口駅起点で御料林の北側から搬出する「田口椹尾線(通称:田口森林鉄

2年前から挑戦していてまだ達成出来ていない、夜叉神~太平洋までの縦走の3回目の挑戦だったが、途中滑落によるけがのため寸又川左岸林道までとなってしまい、そこからは林道工事中の柳 組の方に本川根診療所まで送ってもらいそこから救急車で島田市民病院に向かい5日間入院してから

沢間駅。砂利引きに土間を打っただけのホーム。この簡素なスタイル、いかにも林鉄然とした雰囲気に満ちた駅ですな。ホームと駅舎の微妙な隙間部分は、以前ここから大間(現在の寸又峡温泉)方面に分岐していた千頭森林鉄道の路盤跡であります。

設楽森林鉄道(したらしんりんてつどう)は、かつて愛知県 北設楽郡 設楽町の豊川上流一帯に路線を持っていた2つの森林鉄道の通称で、森林鉄道段戸山線が正式名称。 帝室林野管理局(現:名古屋営林局新城営林署)が開設・運営していた。 豊川の上流、段戸山御料林の木材運搬を担っていた

(千頭森林鉄道の跡@沢間駅) 線路に沿って続く桜並木に挟まれた道路が昔の千頭森林鉄道のレール跡で、そのまま町道に転用され、それが現在も沢間の駅への唯一のアプローチ路になっています。 長月/音沢・栃屋

魚梁瀬森林鉄道(やなせしんりんてつどう)は、かつて高知県にあった森林鉄道である。 「日本三大美林」の一つといわれる魚梁瀬杉を運搬することを主目的として開業したが、陸上交通網が整備されつつあったことに加えて、魚梁瀬ダムの完成により軌道が水没したことから廃止となった。

千頭森林鉄道 天地索道開通。上河内川流域の開発開始 千頭森林鉄道 大根沢分岐点 ~ 栃沢開通? 付知森林鉄道【全通】井出の小路線 遠州鉄道奥山線 曳馬野~奥山 間を気動車運転に統一 武利森林鉄道 内燃機関車を導入、運用開始 北恵那鉄道 井出の小路線

川根本町まちづくり観光協会によるwebサイトです。寸又峡や接岨峡など日本有数の温泉地、南アルプスや大井川・キャンプ場など豊かな自然、千頭駅を起点とするsl(大井川鐵道)など、奥大井のみどころ、グルメ情報、施設情報をお届けします。

古路沢を横目に先に調整池と川九里沢を目指します。 妙法鉱山跡 甲津畑 向山鉱山跡 発電所跡 尾小屋鉱山の鉱滓ダム周辺 神岡鉱山 サイクロン~栃 新道橋梁 大砂川 天井川の隧道 石部トンネル 千頭駅周辺 大井川鉄道_井川~堂平 アプト市代 千頭森林

小坂森林鉄道(おさかしんりんてつどう)とは岐阜県 益田郡 小坂町(現下呂市)の小坂川とその支流沿いに路線を持っていた森林鉄道である。 名古屋営林局小坂営林署が運営していた。 小坂停車場では高山本線 飛騨小坂駅と接続する。 現在飛騨小坂駅の岐阜方に貯木場があるが、かつては

西青山駅と横坑 潮見埠頭 廃線 名古屋臨海鉄道 柘植駅 転車台 旧東青山駅と山の上の茶屋跡 東青山変電所跡その2 東青山変電所跡その1 東青山変電所跡 の外側 五新線バス専用道 2014年9月末で廃止 未成駅 小野浦駅 比叡山 坂本ケーブルの橋 新垂井駅(廃駅

わもり沢隧道の前ではすでに真っ暗でした。 妙法鉱山跡 甲津畑 向山鉱山跡 発電所跡 尾小屋鉱山の鉱滓ダム周辺 神岡鉱山 サイクロン~栃 新道橋梁 大砂川 天井川の隧道 石部トンネル 千頭駅周辺 大井川鉄道_井川~堂平 アプト市代 千頭森林鉄道

[PDF]

千頭 せ ん 営林署が運営していた千頭森林鉄道は、今はレールも枕木も跡形ない。左ず み跡も定かでない生い茂る夏草の中、早くもおぼれそうだ。垂れるヤマユリだが、一行の心中は昨日の車窓の気分とは打って変わった。

西青山駅と横坑 潮見埠頭 廃線 名古屋臨海鉄道 柘植駅 転車台 旧東青山駅と山の上の茶屋跡 東青山変電所跡その2 東青山変電所跡その1 東青山変電所跡 の外側 五新線バス専用道 2014年9月末で廃止 未成駅 小野浦駅 比叡山 坂本ケーブルの橋 新垂井駅(廃駅

ささいなことです... 不安定な天気のもと、七面山と敬慎院へ 8月中ごろからの気象庁の

>>千頭森林鉄道客車・貨車画像ファイル一覧(2009,2,16)<< 静岡県の千頭~栃沢等に路線を有していた森林鉄道。 木材や寸又峡温泉への観光客などを輸送していたが、1968年(昭和43)に廃止された。

西青山駅と横坑 潮見埠頭 廃線 名古屋臨海鉄道 柘植駅 転車台 旧東青山駅と山の上の茶屋跡 東青山変電所跡その2 東青山変電所跡その1 東青山変電所跡 の外側 五新線バス専用道 2014年9月末で廃止 未成駅 小野浦駅 比叡山 坂本ケーブルの橋 新垂井駅(廃駅

8月後半の週末は南アルプス南部に行ってきました!yamayamaにとって予てから懸案の寸又峡からの光岳登頂です!当初じゃ土日で24時間で寸又峡から百間洞まで行き、月曜に赤石岳を越えて椹島に下山という計画でしたが、yamayamaには力不足で、寸又川左岸林道が2年前歩いた時よりかなり荒れてい

ywvob.com

小坂森林鉄道(おさかしんりんてつどう)とは岐阜県 益田郡 小坂町(現下呂市)の小坂川とその支流沿いに路線を持っていた森林鉄道である。名古屋営林局小坂営林署が運営していた。 小坂停車場では高山本線 飛騨小坂駅と接続する。現在飛騨小坂駅の

【山さ行がねが】元清澄山の森林鉄道跡 田代川の隧道2nd【廃線レポート】 【山さ行がねが】千頭森林鉄道(栃沢~釜ノ島)で隧道発見!(1)

魚梁瀬森林鉄道 魚梁瀬森林鉄道の概要 ナビゲーションに移動検索に移動一部路線では一般客も乗車可能だった[1][2]。廃止後は高知東部交通がバスを運行している。目次1 概要1.1 路線データ2 歴史3 車両4