日本医療評価機構 ヒヤリハット – 薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業 |日本薬剤師会

本事業は、薬局からヒヤリ・ハット事例を収集し、分析・提供することにより、医療安全対策の一層の推進を図ることを目的としています。 公益財団法人日本医療機能評価機構 〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町1-4-17東洋ビル

参加登録薬局一覧 · 関連文書 · 共有すべき事例 · おしらせ · 参加の手引き · 集計報告・年報

本事業は、医療機関から報告された医療事故情報やヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し提供することにより、広く医療機関が医療安全対策に有用な情報を共有するとともに、国民に対して情報を公開することを通じて、医療安全対策の一層の推進を図ることを目的としています。

本事業は、薬局からヒヤリ・ハット事例を収集し、分析・提供することにより、医療安全対策の一層の推進を図ることを目的としています。 公益財団法人日本医療機能評価機構 〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町1-4-17東洋ビル

セキュリティー強化のため、ユーザid・パスワードはブラウザへ保存しないようお願いします。 ユーザid: パスワード:

本事業は、医療機関から報告された医療事故情報やヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し提供することにより、広く医療機関が医療安全対策に有用な情報を共有するとともに、国民に対して情報を公開することを通じて、医療安全対策の一層の推進を図ることを目的としています。

おそらくですが、これは公益財団法人日本医療機能評価機構の「薬局ヒヤリハット事例収集・分析事業」に登録し、情報提供を行えばよいものと考えられます。 <追記> 2018年12月18日の疑義解釈の中で、

公益財団法人日本医療機能評価機構のページです。病院を始めとする医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価し、その結果明らかとなった問題点の改善を支援する第三者機関です。医療機能の評価に関する調査・研究開発、医療関係者の研修等を行い、わが国における医療機関の

本事業は、医療機関から医療事故情報等を収集し、分析・提供することにより、医療安全対策の一層の推進を図ることを

公益財団法人日本医療機能評価機構のページです。病院を始めとする医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価し、その結果明らかとなった問題点の改善を支援する第三者機関です。医療機能の評価に関する調査・研究開発、医療関係者の研修等を行い、わが国における医療機関の

(平成13年度集計分)

本事業は、医療機関から報告された医療事故情報やヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し提供することにより、広く医療機関が医療安全対策に有用な情報を共有するとともに、国民に対して情報を公開することを通じて、医療安全対策の一層の推進を図ることを目的としています。

本事業は、医療機関から報告された医療事故情報やヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し提供することにより、広く医療機関が医療安全対策に有用な情報を共有するとともに、国民に対して情報を公開することを通じて、医療安全対策の一層の推進を図ることを目的としています。

医療事故情報収集・分析・提供事業への参加 公益財団法人日本医療機能評価機構 〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町1-4-17東洋ビル

公益財団法人日本医療機能評価機構のページです。病院を始めとする医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価し、その結果明らかとなった問題点の改善を支援する第三者機関です。医療機能の評価に関する調査・研究開発、医療関係者の研修等を行い、わが国における医療機関の

行動目標9:転倒・転落による傷害の防止転倒・転落による事故事例(ヒヤリハット、アクシデント)は、日本医療機能評価機構の医療事故報告によると、全体の20%を超え、死亡や障害に至った事例が多く報告されています。超高齢化社会を迎え、認知症患者が増加する中、臨床現場の看護師に

ヒヤリ・ハット事例とは? 先般、財団法人日本医療機能評価機構(jcqhc)より、医療事故情報収集事業平成19年年報が公開されました。これによると、対象期間中のヒヤリ・ハット事例は全国の240病院から、20万9216件*1が報告され、また、医療事故についても、273病院から1266件が報告されたとの

[PDF]

財団法人日本医療機能評価機構 医療事故防止センター ヒヤリ・ハット事例収集事業担当係 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3 丁目11 番地 三井住友海上駿河台別館ビル7 階 Tel 03-5217-0251 Fax 03-5217-0253 4.受付ID 及び確認コードについて

2019年

※id・パスワード紛失届郵送後に、当機構にてパスワード再発行を行います。 公益財団法人日本医療機能評価機構 〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町1-4-17東洋ビル

日本医療機能評価機構がやってきた医療事故情報収集等事業をベースに考えた時、センターに課せられた仕事は、全医療機関を対象に、今まで指摘されていなかったシステムエラーを発見し、今まで出来ていなかった現場の具体的な医療安全のための改善策

医療用医薬品の取扱品目数 公益財団法人日本医療機能評価機構 〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町1-4-17東洋ビル

日本医療機能評価機構は、4月1日から全ての薬局を対象に「ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業」を開始する。機構の野本亀久雄理事は「全国5万

公益財団法人日本医療機能評価機構 病院機能評価事業のWebサイトです。 医療の質を評価する指標の満足度を継続的に測り、改善するための支援プログラムを行います。 公益財団法人 日本医療機能評価機構 〒101-0061 東京都千代田区三崎町1-4-17 東洋

日本医療機能評価機構が、薬局のヒヤリハット事例収集・分析事業を行なっています。薬局におけるヒヤリハットというと、「調剤」における「数量間違い」や「薬剤取り違え」などが上がっていますが(※)、興味深いのは、発生時間帯が「午前10時から11時59分まで」が突出して多くなって

平成23年6月23日. 平成21年4月1日より、公益財団法人日本医療機能評価機構において「薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業」が実施されています。

公益財団法人日本医療機能評価機構のページです。病院を始めとする医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価し、その結果明らかとなった問題点の改善を支援する第三者機関です。医療機能の評価に関する調査・研究開発、医療関係者の研修等を行い、わが国における医療機関の

(財)日本医療機能評価機構の医療事故情報収集等事業の平成18年年報*1によると、平成18年1月~12月までの臨床検査に関連した「ヒヤリ・ハット事例」の1,129件の発生状況の内訳は、

公益財団法人日本医療機能評価機構のページです。病院を始めとする医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価し、その結果明らかとなった問題点の改善を支援する第三者機関です。医療機能の評価に関する調査・研究開発、医療関係者の研修等を行い、わが国における医療機関の

先般、財団法人 日本医療機能評価機構(jcqhc)より、平成21年1月1日~12月31日までに医療機関より報告されたヒヤリ・ハット事例、および医療事故情報の報告を取り纏めた「医療事故情報収集等事業 平成21年年報」が公開されました。

サーベイヤーの役割[PDF]

公財)日本医療機能評価機構(以下、「評価機構」という。)による医療事故情報収集 等事業報告書中の記述情報及び評価機構ホームページ上の公開データ中の医療機器に 関連する医療事故及びヒヤリ・ハット事例 1)医療事故関係について

先般、財団法人 日本医療機能評価機構(jcqhc)より、平成21年1月1日~12月31日までに医療機関より報告されたヒヤリ・ハット事例、および医療事故情報の報告を取り纏めた「医療事故情報収集等事業 平成21年年報」が公開されました。

[PDF]

公財)日本医療機能評価機構(以下、「評価機構」という。)による医療事 故情報収集等事業報告書中の記述情報及び評価機構ホームページ上の 公開データ中の医療機器に関連する医療事故及びヒヤリ・

公益財団法人日本医療機能評価機構 病院機能評価事業のWebサイトです。

公益財団法人日本医療機能評価機構のページです。病院を始めとする医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価し、その結果明らかとなった問題点の改善を支援する第三者機関です。医療機能の評価に関する調査・研究開発、医療関係者の研修等を行い、わが国における医療機関の

日本医療機能評価機構は、「医療事故情報収集等事業」の第19回報告書を公表した。今年の7~9月に報告された医療事故と、4~6月に発生した

繰り返し発生する類似医療事故、日本医療機能評価機構が2017年の再発事例を公表 2018年6月23日 2018年6月23日 lkadmin 2014年から2016年に提供した医療安全情報 医療事故・ヒヤリハット事例は類似ケースが繰り返されています。

公益財団法人日本医療機能評価機構が実施する「認定病院患者安全推進事業」についてのWebサイトです。

公益財団法人日本医療機能評価機構 病院機能評価事業のWebサイトです。病院機能評価に始めて接する方、今後受審を考えておられる方、これから受審を検討される方に向けて、全体像・受審の流れを紹介

日本医療機能評価機構は、抗癌剤に関連した医療事故を調査した報告書をまとめた。過去6年間の医療事故計250件のうち、「薬剤の血管外漏出

[PDF]

財団法人日本医療機能評価機構の医療事故収集等事業第19回及び第20回報告書中の医療 機器に関するヒヤリ・ハット事例記述情報及び医療事故事例 【第19 回報告書】 1) 医療事故関係については、平成21 年7 月1 日~9 月30 日の間に報告された人工呼吸器

[PDF]

*このpmda医療安全情報は、財団法人日本医療機能評価機構の医療事故情報収集等事業報告書及び 薬事法に基づく副作用・不具合報告において収集された事例の中などから、独立行政法人医薬品医療機

知恵蔵 – 日本医療機能評価機構の用語解説 – 医療機関を評価し、改善を支援する第三者機関。1995年7月設立。医療の質の向上を目指す米国の民間組織医療施設認定合同機構(jcaho)の日本版。認定を希望する病院の経営実態、設備や医療内容などを書面と、専門調査者の実地調査で総合評価する

日本医療機能評価機構は10月24日、2011年度に報告があったヒヤリ・ハット事例をまとめた、薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業の年報を公表した。 2011年度の集計の参加薬局数は6055施設。2011年1~12月に726施設から8082

[PDF]

平成13年 医療安全対策ネットワーク整備事業 (ヒヤリ・ハット事例収集等事業)開始 (現 医薬品医療機器総合機構) 平成16年 医療事故情報収集等事業開始 現在の登録分析機関は、 公財)日本医療機能評価機構 医療事故情報収集等事業とは 2

2014年の1年間に薬局から報告されたヒヤリ・ハット事例は5399件あり、午前10時~正午までの間で発生する比率が著しく高い。ヒヤリ・ハットの内容としては、「数量間違い」「薬剤取り違え」などが多い―。このような状況が、10月26日に日本医療機能評価機構が公表した「薬局ヒヤリ・ハット

日本医療機能評価機構は、米国の非営利組織医療施設認定合同機構(The Joint Commission on Accreditation of Healthcare Organization, JCAHO), 1910年設立)の日本版として誕生した [要出典] 。

ちなみに医療事故の統計は日本医療機能評価機構が行っているんですが、こんな分析結果が。 医療事故が一番多い職種は看護師. 以下は2016年の4月から6月の医療事故を起こした職種分類統計。看護師が圧倒的に医療事故を起こすパーセンテージが高い!

公益財団法人日本医療機能評価機構が実施する「認定病院患者安全推進事業」についてのWebサイトです。

[PDF]

アナフィラキシーに関連する医療安全情報は、公益財団法人日本医療機能評価機 構から2009年5月に「アレルギーの既往がわかっている薬剤の投与」、2012年12 月に一般社団法人日本医療安全調査機構から、警鐘事例「薬剤性アナフィラキシー

[PDF]

薬剤師が医療安全に役立っていることを 証明しませんか — 薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業 — 本事業は平成21年4月より(公財)医療機能評価機構が全国の参加登録した薬局から、

認定病院のうち、病院機能評価結果の情報提供に同意された病院のみ評価結果を閲覧できます。 ※リニューアルに伴うシステム上の問題により、一部、審査結果報告書が掲載されていない病院がございます。

*医療機関において発生した事例については、下記のとおり、インシデント・アクシデントに. 関わらず、(財)日本医療機能評価機構(厚生労働省委託)への報告が義務づけられています。

インスリン1単位は0.01mLであることを周知しておらず、誤って1mL(100倍量)を患者に投与してしまった――こうした事例が、2012年1月から2017年8月までに3件報告されていることが、日本医療機能評価機構の調べで明らかになった。

公益財団法人 日本医療機能評価機構では、全国の病院から医療事故の情報を収集し、病院に対してフィードバックを行っています。 今回は、日本医療機能評価機構で医療事故情報収集等事業を統括する後(うしろ)理事にお話を聞きました。

医療機関の第三者評価などを行う日本医療機能評価機構(坪井栄孝理事長)は、10月9日、「評価機構における最近の取り組み~医療安全をテーマとして~」と題したフォーラムを開催した。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構. 1. 調査対象の範囲 公財)日本医療機能評価機構(以下、「評価機構」という。 )のホームページ上の平成28年1月1日~6月30日の間に報告された薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業からの事例(2,415事例)のうち

9事例に関しては現地を訪問し状況確認調査を実施公益財団法人日本医療機能評価機構は、「医療事故情報収集等事業平成23年 年報」を、平成24年8月29日に公表しました。今回公表されたのは、平成23年1月から12月の間に報告された医療事故情報やヒヤリ・ハット事例の1年分。

[PDF]

6.日本医療機能評価機構による認定「病院機能評価」 日本医療機能評価機構が運営している病院の第三者評価である「病院機能評価」の認定を受けてい ると回答した病院は62.4%であった。これは、日本病院会会員における「病院機能評価」の認定の割

横浜第一病院(神奈川県横浜市西区)は、心のかよう医療と福祉を提供している総合病院。このページでは当院の「日本医療機能評価機構認定病院」について掲載しております。