篠田真貴子 退任 – 家電に頼るのは悪いことじゃない…食洗機の“夫ブロック”に負けないで【川崎貴子×篠田真貴子 …

昨年、「ほぼ日」のcfoを退任した篠田真貴子さん。ちょうど50歳だ。退任後1カ月もたたないうちに編集部は篠田さんにお会いした。きっと次のステージへの準備が着々と進んでいるんだろうなと思いきや、「今、ジョブレスなの!」とすがすがしい笑顔で無職を楽しんでいる。

昨年、「ほぼ日」の最高財務責任者(cfo)を退任した篠田真貴子さん。ちょうど50歳だ。退任後1カ月もたたない頃、篠田

昨年、ちょうど50歳でほぼ日のcfoを退任した篠田真貴子さん。「若い頃の転職とは違う感覚」で、次を決めずに組織の外に出た。未知の可能性が広がっていて楽しい!と笑う篠田さんは今、「人生の5周目を歩んでいる」という。年齢を重ねてもずっと前向きでいられる秘訣とは?

「篠田 真貴子」の記事一覧ページです。「篠田 真貴子」:1968年生まれ。1991年慶應義塾大学経済学部卒業後、日本長期信用銀行(現新生銀行

Dec 21, 2017 · 年間200人以上の経営者が頼るリーダー育成のプロで、新刊『40歳が社長になる日』がヒット中の岡島悦子さん。そして、2017年3月の上場が話題となった「ほぼ日」の最高財務責任者(cfo)、篠田真貴子さん。実はこの2人、mba留学中にアメリカで

今回、自身の人生になくてはならない本を選んでくださったのは、10年もの長きにわたり取締役cfoとして従事した株式会社ほぼ日(旧・東京糸井重里事務所)を50歳で退任、現在は“ジョブレス”な日々を謳歌する篠田真貴子さんです。

対談連載の最初のゲストは、糸井重里さんが代表を務める「株式会社ほぼ日」のCFOを昨年11月25日に退任した、篠田真貴子さんです。篠田さんは昨年50歳になり、くしくも石川さんの唱える、「Good Lifeには50歳で違う仕事を始めるとよい」という説を体現しています。

株式公開には管理部門の充実が欠かせないが、それを支えたのが同社取締役 cfo管理部長の篠田真貴子氏だ。華麗なキャリアを誇る篠田氏はほぼ日の何を変え、何を学んだのか。そして、その行動の背景にあるものとは何なのか。

The latest Tweets from makiko shinoda 篠田真貴子 (@hoshina_shinoda). 真(まこと)てふ 貴きものを心にて 永き世ゆかむ 人と和みて. tokyo

フォロワー数: 8.9K

篠田真貴子:ほぼ日手帳の発売日が9月1日で、そこからの1年間ということで8月期決算にしている。そうすることで私たちにも株主にも業績の状況が分かりやすくなると考えている #ほぼ日株主総会 — すずき@ほぼ日株主総会 (@michsuzu) 2018年11月25日

まだまだロールモデルが少ない女性のキャリア、第一線を走り続ける先輩たちはどんな失敗をしてきたのでしょうか。さまざまな業界で活躍する女性が登壇し「今の時代に働く女性に伝えたい、失敗から学んだこと」をテーマに、「FCon 2017」が開催されました。

糸井重里さんの右腕として、東京糸井重里事務所のCFOを務める篠田真貴子さん。このシリーズではcakes代表の加藤が、篠田さんに「ほぼ日」のクリエイティブのひみつを聞いていきます。

Dec 25, 2017 · 年間200人以上の経営者が頼るリーダー育成のプロ、岡島悦子さんと、2017年3月の上場が話題となった「ほぼ日」の最高財務責任者(cfo)、篠田真貴子さん。20年来の仲である2人が失敗ばかりだったという20代30代を振り返った前編に続き、後編

「ほぼ日刊イトイ新聞」でサイトの運営や日用品のネット販売を行う東京糸井重里事務所取締役、CFOの篠田真貴子さんは、40歳でこれまでの

Oct 01, 2019 · 10年にわたり取締役cfoとして従事した株式会社ほぼ日を50歳で退任、現在は“ジョブレス”な日々を謳歌する篠田真貴子さんに、「もやもや、ぐるぐるしてしまう頭の中を整理したいときに読みたい本」というテーマで選書いただきました。タイトル、著者名を明かさずにお届けします。

篠田 真貴子さん 生年 1968年 出身地 東京都新宿区 . 出身学校 ・米国 Seaside Elementary School, Torrance, CA(1 -2年生) ・米国 College Park Elementary School, Irvine, CA(3 – 4年生) ・新宿区立牛込仲之小学校(4 – 6年生) ・慶応義塾中等部 ・慶応義塾女子高等学校

その裏側にある、糸井事務所の働き方についてcfoの篠田真貴子氏に話を伺い、これからの働き方のヒントを探った。 本記事は『働き方変革プロジェクト』サイトに掲載された記事を転載したものです。(掲載日 2016年12月)

篠田真貴子さんの「頭の中を整理してくれる」3冊 今回、自身の人生になくてはならない本を選んでくださったのは、10年もの長きにわたり取締役CFOとして従事した「株式会社ほぼ日」(現在の糸井重里事務所)を50歳で退任、現在は“ジョブレス”な日々を

7 日前 · 第4回のゲストは、ちょうど1年前に株式会社ほぼ日のcfoを50歳で退任し、現在は“ジョブレス”な日々を送っている篠田真貴子(しのだ・まきこ)さんです。全3回。 「1年は仕事しない!」休むことで見えた自分の原点

【北欧、暮らしの道具店】聞き手・文 スタッフ長谷川、写真 田所瑞穂子育て×仕事の話を、篠田真貴子さんに聞きました。さかのぼること、半年ほど前。「ほぼ日」ことほぼ日刊イトイ新聞を運営する東京糸井重里事務所の

篠田麻里子のプロフィール

篠田麻里子のgood life lab!(2018年10月2日 – 、tbsラジオ) 篠田麻里子のまみむめみどりに聞いてみよ(2018年10月5日 – 12月28日、東海ラジオ放送) 「はーさん!ねねの!すんどめ!」内コーナー; cm. so-net光 緊急設定室篇(2009年)

出生地: 日本・福岡県糸島市

婚活サイト「キャリ婚」を主宰する川崎貴子さんが「令和の共働き婚」をテーマに、それぞれの分野で活躍するプロと対談する連載。第4回のゲストは、ちょうど1年前に株式会社ほぼ日のcfoを50歳で退任し

今回、自身の人生になくてはならない本を選んでくださったのは、10年もの長きにわたり取締役cfoとして従事した「株式会社ほぼ日」(現在の糸井重里事務所)を50歳で退任、現在は“ジョブレス”な日々を謳歌する篠田真貴子さんです。

篠田真貴子さんの「頭の中を整理してくれる」3冊 2018年11月に退任し、現在は“ジョブレス”な日々を謳歌中。『alliance(アライアンス)──人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用』(ダイヤモンド社)監訳、『仕事と家庭は両立できない?

ほぼ日刊イトイ新聞、ドコノコなどを運営する株式会社ほぼ日のコーポレートサイト

篠田真貴子さんは、mba取得後、マッキンゼーなど外資系でキャリアを積み、ほぼ日ではcfoを10年間務めるなど、名だたる企業でのキャリアを歩まれてきました。一見、華やかなキャリアに見える篠田さんも、20代、30代は試行錯誤や失敗をたくさん経験したと語ります。

篠田真貴子さん(以下、篠田): 家事の何が大変って「考える」という部分だと思います。子供たちが小さい頃はお金を払って人の手を借りながら家事をしていましたけど、お願いする前に自分で「ここまでやってもらう」と決めておかなくてはいけないん

2019年8月、大手町、丸の内、有楽町を指す「大丸有」と呼ばれる地区を起点にした「Tokyo Marunouchi Innovation Platform(以下、TMIP)」が発足した。TMIPは「産・官・学・街」の連携によって社会課題を解決するオープンイノベーションの創出を目指すプラットフォーム。

篠田さん: 私への共感を示した人が、一般論ではなくて 自分が感じたことを素直に言ってくれたら、びっくりはするかもしれないけど、ちゃんと受け止められるはず。反対に、安全地帯から正論然として石を投げる、みたいな発言には引いてしまいます。

7 日前 · 第4回のゲストは、ちょうど1年前に株式会社ほぼ日のcfoを50歳で退任し、現在は“ジョブレス”な日々を送っている篠田真貴子(しのだ・まきこ)さんです。全3回。 「1年は仕事しない!」休むことで見えた自分の原点

2018年11月に取締役cfoを10年務めた「ほぼ日」を退任した篠田真貴子さん。現在は次の予定を決めず、余白の時間を大切にしながら、様々な人との対話を楽しむ毎日を過ごされています。

第4回のゲストは、ちょうど1年前に株式会社ほぼ日のcfoを50歳で退任し、現在は“ジョブレス”な日々を送っている篠田真貴子(しのだ・まきこ)さんです。全3回。 自分の手を動かさなくてすむように家電

第4回のゲストは、ちょうど1年前に株式会社ほぼ日のcfoを50歳で退任し、現在は“ジョブレス”な日々を送っている篠田真貴子(しのだ・まきこ

株式会社ほぼ日 取締役 cfo管理部長の篠田 真貴子さんの経歴です。 ―基礎情報― 名前 : 篠田 真貴子(し・・・

篠田真貴子さん(以下、篠田): 家事の何が大変って「考える」という部分だと思います。子供たちが小さい頃はお金を払って人の手を借りながら家事をしていましたけど、お願いする前に自分で「ここまでやってもらう」と決めておかなくてはいけないん

取締役cfoとして従事した「株式会社ほぼ日」(現在の糸井重里事務所)を50歳で退任、現在ジョブレスな日々を謳歌する篠田真貴子さんに、人生になくてはならない本を選んでいただきました。

2019年8月、大手町、丸の内、有楽町を指す「大丸有」と呼ばれる地区を起点にした「Tokyo Marunouchi Innovation Platform(以下、TMIP)」が発足した。TMIPは「産・官・学・街」の連携によって社会課題を解決するオープンイノベーションの創出を目指すプラットフォーム。

篠田さん: 私への共感を示した人が、一般論ではなくて 自分が感じたことを素直に言ってくれたら、びっくりはするかもしれないけど、ちゃんと受け止められるはず。反対に、安全地帯から正論然として石を投げる、みたいな発言には引いてしまいます。

経営学修士(mba)を取得し、ビジネスの第一線で活躍する人が増えてきた。彼らはどんな考えでmbaを取得し、実際の経営の局面でどのように生かしているのか。トップマネジメントやミドルマネジメントで

このプロジェクトについて10年にわたり取締役cfoとして従事した株式会社ほぼ日を50歳で退任、現在は“ジョブレス”な日々を謳歌する篠田真貴子さんに、自身の人生になくてはならない本を選んでいただきました。大学卒業後、日本長期信用銀行(現 新生銀行)を皮切り

「ほんとうに欲しい未来」を語るべきは若者だ──9月15日開催〈trialog summit〉に寄せて 「すでにして狭まった可能性と、自由な選択をもはや許さない現実が重くのしかかってしまっているおっさんには、『ほんとうに欲しい未来』なんていうお題はすでにしてあまり意味がない」「まだ見ぬ社会

【北欧、暮らしの道具店】「ほぼ日」こと、ほぼ日刊イトイ新聞を運営する東京糸井重里事務所取締役cfoである篠田真貴子さんにインタビュー。2児の母でもありながら要職を務める篠田さんに、「心が不機嫌にならないた

今回、自身の人生になくてはならない本を選んでくださったのは、10年もの長きにわたり取締役 cfoとして従事した「株式会社 ほぼ日」(現在の糸井重里 事務所)を50歳で退任、現在は“ジョブレス”な日々を謳歌する篠田真貴子さんです。

話題の新刊『どこでも誰とでも働ける』の発刊を記念しておこなわれた、著者の尾原和啓氏と、岡島悦子氏・篠田真貴子氏・千葉功太郎氏・村上

最近、筆者は「40歳」という年齢は、女性にとっても男性にとっても転換点である気がしてならない。だいたい人生の折り返し点であると同時に

篠田さん:わかります! 結婚した当初、夫の社宅に住んでいたんです。周りはみんな専業主婦。仕事をしているから社宅内の行事に参加できないと言ったら、「フルタイムなの?理解あるご主人ね!と驚か

[PDF]

Shun Watanabe 氏、上出 遼平氏、篠田 真貴子氏など 時代をアップデートするゲストが登壇 “現代のルール”を「情報」「見た目」「会社

篠田 真貴子氏 「alliance ―人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用― 」監訳者. 慶應義塾大学経済学部卒、米ペンシルバニア大ウォートン校MBA、ジョンズ・ホプキンス大国際関係論修士。

話題の新刊『どこでも誰とでも働ける』の発刊を記念しておこなわれた、著者の尾原和啓氏と、岡島悦子氏・篠田真貴子氏・千葉功太郎氏・村上

篠田真貴子さんNEWS PICKSの対談記事 今朝Facebookを見ていたら、元ほぼ日CFO、最近ほぼ日を退任された篠田真貴子さんがNEWS PICKSのご自身の対談記事を載せていたのが、目に留まりました。

[PDF]

【事務連絡者氏名】 取締役 篠田 真貴子 . 1 【新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)の訂正報告書の提出理由】 平成29年2月13日をもって提出した新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)の記載事項のうち、「第一部 役の退任により

ifs未来研究所が5月に行った未来研4周年記念イベントは、「女はとっくに輝いてる」をテーマに、株式会社ほぼ日の取締役CFO管理部長を務める

篠田真貴子|makiko shinoda. 慶應義塾大学経済学部卒、米ペンシルバニア大ウォートン校mba、ジョンズ・ホプキンス大国際関係論修士。 2012年に『wired』日本版編集長就任、2017年退任。

篠田真貴子氏(㈱ほぼ日 取締役cfo)×飛鷹全法(高野山高祖院住職) 外資系企業でキャリアを積んだあと、「mba的ロジック」では説明しきれない「ほぼ日」への転職で、価値感が大きく異なる企業を経験した篠田

総会決議の通知が届きました。いつもなら封も開けないのですが、気になって開封したら篠田さんと糸井さんからのお便りが入ってました。ほぼ日らしい気遣いですね。 これからも、「ほぼ日」と、篠田真貴子、

「迷ったら見晴らしがいい場所を選びなさい」 ~「ただ今、ジョブレス!」篠田 真貴子 攻めの50代~より こんにちは。 「本当の仕事」ワークショップ認定リーダーの小田です。 2019/2/18、『日経aria(アリア)』という「40~50代の働く女性向けのwebメディア」がオープンしたとのこと。

トークイベント初登壇となる、注目の音楽家・中村佳穂さん、会社員と起業家の二足のわらじで活躍する正能茉優さん、株式会社ほぼ日の前取締役CFOで次世代の働きかたのバイブル『アライアンス』の監訳者でもある篠田真貴子さん、国境を超えたチームで

篠田さん、これから 10年、どんな地図を描いているのですか? 50歳で無職 これから何をやるんですか? ―― 2018年 11月、10年勤めたほぼ日のcfoを退任しました。「50歳」という節目の決断に、同年代の働く女性たちの関心も集まっています。

「1年は仕事しない!」休むことで見えた自分の原点. 川崎貴子さん(以下、川崎): 篠田さんは、昨年「ほぼ日」のcfoを退任されてから、ずっとお休みされていますよね。 長期にわたって休みを取るというのは、なかなかできない経験だと思うのですが、休むことで見えてきたものはあります